Welcomeサービスセンター
2017年4月号(4月27日発行)
全国の職業能力開発サービスセンターは
「企業が行う従業員のキャリア形成の取組みを支援する総合窓口」です。

人事・労務、職業能力開発に関する豊富な知識を有する企業の実務経験者や、社会保険労務士、中小企業診断士、キャリアコンサルタント等の資格を持つ専門家が、人材育成、キャリア形成に関する相談やアドバイスを無料で行っています。47都道府県に専門家を配置していますので、地域の実情に合ったきめ細かい対応が可能です。





サービスセンターで行っている主な事業を紹介します。

◆職業能力開発推進者への支援

従業員の職業能力開発を計画的に企画・実施するための取組みを、社内で積極的に推進するキーパーソンが「職業能力開発推進者」。サービスセンターでは職業能力開発推進者がその役割を十分に果たせるようサポートをしています。


【職業能力開発推進者の選任】
職業能力開発推進者の選任・育成に関するご相談を承っています。詳しくはこちらをご覧ください。
人材開発支援助成金では、職業能力開発推進者の選任が申請の要件の一つとなっています。
【職業能力開発推進者講習の実施】
職業能力開発に関するさまざまな知識や技法を無料で学べる「職業能力開発推進者講習」を開催しています。

キャリアコンサルティング技法、事業内職業能力開発計画の作成、職業能力開発に関する各種給付金制度の活用、など地域の特色、受講者ニーズに応じてテーマを設定しています。



◆事業内職業能力開発計画の作成支援
事業内職業能力開発計画とは、自社の人材育成の基本などを記載する計画で、人材開発支援助成金では、作成が申請の要件の一つとなっています。 サービスセンターでは、事業内職業能力開発計画の作成支援を行っています。

また、キャリア形成支援サイトに事業内職業能力開発計画の事例を掲載しています。(産業分類や資本金の額、従業員数などで検索できます)。


◆キャリアコンサルティングの導入・活用の支援
キャリアコンサルティングを実施したことがない企業に対し、キャリアコンサルティングを試行的に行い、その後自社でのキャリアコンサルティング制度の導入につながるよう支援を行います。


◆キャリア診断サービス
キャリア診断サービスは、人材育成に関する「企業の考え」と「従業員の思い」のギャップを分析し、従業員へのカウンセリングや、企業側へのアドバイスを行うことで、人材育成上の課題の改善や従業員の意欲向上へとつなげるツールです。実施した企業からは、「自社を客観視できる」「課題解決のヒントになる」「従業員から『会社への思いや考えを伝えることができてよかった』との声があった」などとご好評をいただいています。


この他、キャリア形成支援に関する様々なご支援をしています。
お近くのサービスセンターにお気軽にお問い合わせください。

また、キャリア形成支援サイトにも様々な情報が掲載されていますので、是非ご覧ください。