Welcomeサービスセンター
創刊号 2015年7月号(7月30日発行)

各地の職業能力開発サービスセンターを順番にご紹介するコーナーです。



その1 石川職業能力開発サービスセンター


●きまっし※ 石川!


北陸新幹線の開通とともに、首都東京が完全日帰り出張圏内となり、うれしいやらさみしいやらの石川県です。

誰もが一度は訪れたい街『金沢』、はもちろんのこと、朝の連続ドラマのおかげで『能登』もすっかり地名度が上がり、風は石川に吹いている、いや、風は石川から吹いていると言っても過言ではないでしょう。

「弁当忘れても傘忘れるな」と言われるほど降水量が多く、年間雨日数、年間雷日数はほぼ全国1位。その一方で、夏の暑さもかなりのもので、アイスクリームの消費量も全国1位とか。四季がはっきりしているからこそ、海の幸、山の幸に恵まれています。

もうひとつ、最近クローズアップされてきたのが石川県民の「いつでもどこでも『ありがとう』」です。買い物をしてお金を払ったあと、タクシーやバスを降りるとき、お客さんの方から当たり前のように「ありがとう」と言います。なんてすてきな県民性!

石川に来られたら、耳をすませてみてください。街のあちこちから「ありがとう」が聞こえてきて、幸せになること間違いなしです。


※「きまっし」とは…「いらっしゃい」「来て下さい」という意味の石川の方言



兼六園

北陸新幹線



●サービスセンター紹介




サービスセンターは、アドバイザー1名、コンサルタント2名、サポーター2名、事務担当1名で、少しでも県内企業様の従業員の人材育成のお手伝いをしたいと、窓口相談、訪問により情報収集、支援、キャリア診断に勤しんでいます。

特に、従業員の人材育成に関心のある企業様を対象にアドバイザー、コンサルタントによる評価基準の講習会を複数回行っており、年々、参加企業数が増えています。

また、人事考課に関する協力依頼も順次来ており、依頼元には事業内計画や評価基準の作成を定期的な打合せで支援・援助しております。

人材育成のことならサービスセンターに聞こう!と思っていただけるよう、これからも努力、研鑚していきます。




●専門員の紹介


上段左より山田アドバイザー、北嶋コンサルタント、中宮コンサルタント
下段左より川島訓練振興課長、小松サポーター、鉾田スタッフ

瀬戸サポーター



【自己紹介】

山田アドバイザー:とことん!がモットー
「企業と従業員の成長を願い、人材育成・能力開発の普及に努めております。」


北嶋コンサルタント:石川サービスセンターの師匠
「人材育成・活性化の経営計画への織り込みに注力しています。」


中宮コンサルタント:フットワークと情報分析はお任せ
「今年から、人材育成コンサルタントとして石川県サービスセンターに参加させていただいた中宮です。これまで現場で人材育成を担当していた者として、専門性と現場感覚のある情報提供と助言・支援を心掛けています。」


小松サポーター:豊富な知識で誰もが納得!
「広い視野と強い心で、初めて訪問する企業様にも安心と信頼を持っていただけるよう頑張っています。」


瀬戸サポーター:笑顔満開!
「地元のキラリと光る企業様の、その経営者の熱き理念と従業員の皆様との意識の共有に少しでもお役に立ちたいと訪問しております。」



石川職業能力開発サービスセンター

TEL:076-262-9027 FAX:076-262-3913

E-mail:adds17@muse.ocn.ne.jp


第2回目は京都のサービスセンターをご紹介します。