あるあるレポート
2015年8月号(8月27日発行)

職業能力開発サービスセンター(サービスセンター)が実際に行っている企業訪問等での相談・支援などに関する現場レポートをお届けするコーナーです。


第2回目は、愛媛職業能力開発サービスセンターの現場レポートです。

愛媛サービスセンターでは、県内企業への訪問活動や窓口において、キャリア形成支援を行っています。日頃、サービスセンターのメンバーが直面している支援状況・企業の反応・企業の考えなどについてレポートします。




◆ケース1 “質×量=成果”

景気の動向によって相談内容にある傾向がみられるようです。

具体的にいうと、景気が良くなってくると人の確保、つまり採用についての相談が増え、景気が悪くなってくると減ってくるというものです。

ある意味当然なのですが、サービスセンターは人材育成支援のための機関であるため、採用よりも人材育成についての相談を、と思いつつも、要望があれば採用から人材育成につなげてこれに応じています。

こういった傾向は、「質」より「量」的な発想であり、いわば、従来的な考え方ではないかと思います。(もちろん人材の確保は事業継続の面からみても重要です。)

ところが、近年、主として若い(“脳”“思考”の年齢です。)経営者層を中心に、人材育成に力をいれたいという相談を受けることが増えてきていると感じています。

おそらく、「質×量=成果」という図式で考えたときに、「質」をアップすることも重要だと考えた結果なのでしょう。

人口減少社会に入ったこともあり、今後はますます人材育成面での相談割合が増えていくだろうと期待しています。

(薦田コンサルタント)




◆ケース2 “能力開発と従業員の健康”

従業員65名の運輸業の会社を訪問させていただいた時のこと、能力開発計画やキャリアアップの話をいつものようにしていました。

その際、部長が、「いくら能力開発をしようとしても、まずその基になる身体と精神が健康でなくては」と話されました。

健康保険組合の役員の経験もある私は、体の健康を保つ方策、また精神面の健康についての対策についての基本をアドバイスしました。

部長は「実は従業員に特に精神面の悩みを抱えている者がいて困っていたところです。参考にさせていただきます。」とおっしゃいました。複雑で大変な世の中、ただ能力を伸ばせ、もっと生産性を上げろといっても生身の人間です。基本を忘れないようにしたいものです。

それ以来、企業訪問の際、従業員の健康についても極力話題にするよう心掛けています。



(高谷コンサルタント)




◆ケース3 “ビデオ・DVD教材の活用”

「ビデオ・DVD教材!これは使えるね〜」といつも元気よく窓口に来てくださる職業能力開発推進者の方がおっしゃいました。かつては有名コンサルタントを招き教育訓練をしていたそうですが、あまり成果が上がらず、お金ばかりかかったそうです。

その点、サービスセンターのビデオ・DVD教材は、いろいろな使い方ができて助かっているよと、笑顔でお話されるので、「何故ですか?」と尋ねてみたところ、


1.ビデオ・DVD教材の内容を事前に確認できるので、主旨にあった研修で使用できる。

2.講師対応と比べ事前準備が楽で、時短になる。また、費用がかからない(無料)。

3.会議の一コマで観ることができ、アクセントになる。

4.中堅社員をビデオ解説担当者にすることで、その社員のスキルアップ訓練にもなる。


と、様々な効果があることを教えていただきました。



サービスセンターでは人材育成に関する各種ビデオ・DVD教材を取りそろえています。貸し出しも行っていますので、是非ご活用下さい。

この夏より、安全活動、メンタルヘルス、パワーハラスメント、コーチング、コンプライアンス関連のDVD教材が新規入荷となりました。



まずは、お電話でもメールでも、アポ無し来訪でも結構ですので、サービスセンター窓口へお問い合わせください。人材育成に関する様々なご相談について、愛媛サービスセンター6人衆が全力でご支援をさせていただきます。



(武田アドバイザー)





★愛媛県でのキャリア形成支援に関するお問い合わせ等はこちらへ


愛媛職業能力開発サービスセンター

TEL:089-993-7336

FAX:089-993-7302

E-mail:k-takeda@ehime-noukai.or.jp



上段左より、大西スタッフ、武田アドバイザー、玉井サポーター
下段左より、高谷コンサルタント、吉川サポーター、薦田コンサルタント

第3回目は、愛知職業能力開発サービスセンターのレポートをお届けします。