キャリア塾
2016年7月号(7月28日発行)
中央職業能力開発協会
CSCスーパーバイザー
泉田 洋一 氏

『キャリア支援の視点から見る「中年の危機」』(第1回)

今回から、きゃりあ道のコラム「キャリア塾」を担当する泉田洋一です。よろしくお願いします。私は、27年間、IT企業で人事・人材育成を主に担当し、3年ほど前に退職し、現在は、キャリアコンサルタントをしています。企業に勤務していた時には、新人研修、昇格者研修、人事制度の策定、年代別キャリア研修の立ち上げなどを行いました。また、日本人材マネジメント協会(JSHRM)※のリサーチプロジェクトでは、ライフキャリアチェーン「ミドル編」に参加、検討していました。



6回の連載では、『キャリア支援の視点から見る「中年の危機」』を、企業/人事部門の観点から紹介して行きたいと思います。今回は、連載の初回であるので、「中年」について、イメージを共有していきたいと思います。



1.「中年」の定義

(1)「中年」の年齢的定義

「中年」というイメージは、人それぞれです。しかし、イメージが異なったままですと、この連載の内容がぼけてしまうと思われますので、ここでは、45歳〜54歳ぐらいの方を「中年」とすることにします。これは、厚生労働省の一部資料が、45歳〜54歳となっていることに合わせました。

しかし、「中年」を年齢と言う視点だけで見ていたのでは、中年の方への適切なキャリア支援を行うことはできません。適切なキャリア支援を行うには、悩み、立場・役割、一般的な傾向等を理解する必要があります。そのため、ここでは色々な視点から、中年像についてイメージを共有化しておきたいと思います。



(2)キャリア理論上の「中年」

スイスの心理学者ユングは、人の一生涯を太陽の動きにたとえ、午前は人が上昇してく時期で、頂点に達すると下降し始める時期だとしました(図1)。中年期は、人生の午前から、午後への移行期で、頂点を「人生の正午」と呼びました。人生の正午は、人生の折り返し地点となります。折り返し地点は、ゴールに向かって行くといういい意味で捉えることもありますが、死というゴールが見えてくる時期でもあります。




アメリカのキャリア研究者、スーパー(Donald E Super)は、一生涯における、役割の始まりと終わり、相互の重なり合いを「キャリアの虹(ライフ・キャリアレインボー)」(図2)で表しています。

<役割の意味>
親:子どもから見た自分の役割です。
家庭人:家庭内の仕事をする役割です。
配偶者:夫もしくは妻の役割です。
労働者:仕事/労働をする役割です。
市民:社会を構成する一員として、社会に貢献する役割です。
余暇:余暇を趣味やレジャーで、楽しむ役割です。
学生:学ぶ人という役割です。
子ども:親から見た自分の役割です。

ライフ・キャリアレインボーの図では、中年(「45歳〜54歳ぐらい」)は、親、家庭人、配偶者、労働者、市民、余暇、学生、子どもの役割が重複しています。つまり、中年は、それだけ多くの役割を担っている、大変な時期ということになります。



2.「中年期の危機」とは

中年期を迎えた多くの方々が、「これからの残りの人生(含む:会社人生)をどうしたらいいのか? このままでいいのだろうか? 変わるとすればどう変わっていったらいいのだろうか?」と思い悩みます。これが、「中年期の危機」といわれる状態です。これは、中年期を迎えた人の約8割もが直面すると言われています。ここをうまく乗り切れないと、うつ病になってしまうこともあるので、軽視できません。

今回は、キャリア理論から見た「中年」についてお話しました。このようなキャリア理論を学ぶことは、キャリア支援についてとても重要ですが、「一般論的すぎる」、「日本人の中年と諸外国の中年とは異なるのではないか?」とお感じの方もいらっしゃると思います。

次回からは、日本の「中年」の実態や、企業で働いている「中年」の悩みやその方々のキャリア支援についてお話をしたいと思います。

以上



日本人材マネジメント協会(Japan Society for Human Resource Management =JSHRM)は、「日本におけるHRMプロフェッショナリズムの確立」を使命に、我が国の人材マネジメントを担う方々のための会員(年会費制)組織として2000年に設立されました。以来、日本を代表する人材マネジメントの専門団体として、人材マネジメントに係る方々のための能力向上と会員ネットワークを活かした情報交換・相互交流、更にグローバルな視点からの各種調査研究・提言・出版などの諸活動を展開しています。



筆者プロフィール
泉田 洋一 氏(中央職業能力開発協会CSCスーパーバイザー)
学習院大学 理学部数学科卒
27年間、IT企業に勤務し、主に、人事、人材育成を担当。SEの新人/若手教育、選抜者研修/昇格者研修、キャリアデザイン研修(27歳、32歳、42歳、55歳)を担当。日本人材マネジメント協会会員。国家資格・1級・2級キャリアコンサルティング技能士。
メンタルヘルス・マネジメント検定擬鏐膤福産業カウンセラー。