厚生労働省委託事業 キャリア形成支援サイト
Q&A | サイトマップ | トップページ
パンフレット一覧 お問合せ

事業内職業能力開発計画事例

キャリア形成取組事例
事業内職業能力開発計画事例
S会
企業概要
情報掲載年度 2017年度
情報掲載日 2017/12/22
都道府県 北海道
資本金 1000万円未満
従業員数 50人未満
産業分類 医療・福祉
助成金の申請 なし
助成メニュー
事業概要
就労移行支援 就労継続支援B型 運営
就労支援のための職業指導
WEB制作 委託軽作業 プリント製品作成・販売
利用者向けスクール(資格試験対策講座ほか)
経営理念・経営方針に基づく塵埃育成の基本方針・目標
基本理念:
当法人は、障がい者および障がい者支援団体とともに障がい者、高齢者の自立生活と社会参加活動を支援する事業を行い、一人ひとりが社会から疎外されることなく人間として生きる権利を実現することに寄与します。


人材育成の基本方針・目標
 企業の成長・発展が、個々人の成長につながるよう、職員が各自の役割を理解・認識し、行動規範に忠実に従うと共に積極的に行動できる「自律型人材」の継続的な育成に努める。
 人材育成の推進に当たっては、職員の主体的な能力開発への取り組み姿勢があって初めて効果が認められることから、常に処遇・配置との関連性を持たせながら意識付けを継続し、学ぶ集団・自己実現ができる企業としての風土を形成する。
 職員を対象に教育・訓練及びキャリア形成の機会を与える。
昇進昇格、人事考課等に関する事項
当施設において、人事考課は年2回、施設長が担当している。
下記の行動規範に則った行動ができているかを評価し、評価実施後は、本人とフィードバック面談を行っている。将来は管理職層に評価の権限を移行することを視野に入れ、評価項目の整備検討に入りたいと考えている。

行動規範
1、私たちは、利用者の人としての尊厳を大切にし、利用者の人権を擁護するものとしての自覚を持ち、利用者の性別、年齢、能力、障がい程度等あらゆる理由において差別しません。
2、私たちは、礼儀正しく友好的に誠実に優しい態度でサービスを提供し、誰の話にも耳を傾け、喜びや感動を共有するとともに、利用者のプライバシーを守ります。
3、私たちは、相互に協力して働き、自分がそうしてもらいたいようにサービスを提供し、利用者への虐待等権利侵害は絶対に行いません。
4、私たちは、利用者の主体性、個性を尊重し、自己選択や自己決定ができるように支援し、常に、利用者の生活向上を念頭にサービスを提供します。
5、私たちは、利用者の社会参加の機会を広げるとともに、地域と連携し、理解と協力が得られるようにつとめます。
6、私たちは、利用者への適切なサービスを提供するために、常に専門性の向上と倫理の確立にむけて自己研鑽に励みます。
7、私たちはS会の一員として、自覚と誇りを持ち、地域福祉の増進に努めます。
職務に必要な職業能力に関する事項(職能要件等)
別紙職能要件書業務内容及び教育訓練体系図を添付します。
その他
 業務円滑化のため、教育訓練体系に則り、研修を実施していくとともに、職員の自己啓発を推奨し、各個人の資格取得を推進していきたいと考えている。
資料
・職能要件書
・教育訓練体系図

ページトップ

中央職業能力開発協会
■キャリア形成支援でお悩みの方
事業内職業能力開発計画
職業能力開発推進者選任
講習・サークル・イベント情報
能力評価制度の構築
キャリアコンサルティングの導入・活用
キャリア診断サービス
 ・キャリア診断サービス実施後アンケート
キャリア支援に係る自社評価シート
■助成金の申請をお考えの方
人材開発支援助成金
企業内人材育成推進助成金
事業内職業能力開発計画
職業能力開発推進者の選任
中小企業の範囲
助成金活用事例
■キャリア形成取組事例
人材育成事例
事業内職業能力開発計画事例
推進者取組事例
■サービスセンター所在地一覧
■都道府県講習会・サークル・イベント情報
■メールマガジン「きゃりあ道」
■サービスセンター利用アンケート
■Q&A
■サイトマップ
■お問合せ
Copyright © 2015 Japan Vocational Ability Development Association. All rights reserved.