厚生労働省委託事業 キャリア形成支援サイト
Q&A | サイトマップ | トップページ
パンフレット一覧 お問合せ

事業内職業能力開発計画事例

キャリア形成取組事例
事業内職業能力開発計画事例
株式会社 小貫建設
企業概要
情報掲載年度 2017年度
情報掲載日 2017/06/15
都道府県 秋田県
資本金 1000万円以上〜5000万円未満
従業員数 50人未満
産業分類 建設業
助成金の申請 キャリア形成促進助成金
助成メニュー 若年人材育成コース
事業概要
総合建設業
土木一式、建築一式、舗装、造園、管・水道施設
(株式会社 小貫建設ウェブサイト)
経営理念・経営方針に基づく塵埃育成の基本方針・目標
【経営理念】
一つひとつの土木構造物を、正確、安全に構築し、「人間尊重」をモットーとして従業員の生活安定と、地域、社会に貢献できる企業を目指す。

【経営方針】
従業員が自由闊達に作業できる経営基盤を確立し、法規則の遵守はもちろん「専門性」「正確性」「労働災害ゼロの安全性」を作業に特化させ、信頼される品質の構造物を造りあげる。

【人材育成の基本方針・目標】
土木施工技術の高度化と専門化、多様化は一段と進展し、建設工事の円滑な施工と工事完成品の質的水準の確保、並びに安全作業の対策が求められていることから、当社はこれらの技術革新に対応していくため、積極的に従業員の意識改革とレベルアツプが必要であり、責任と権限を持った従業員の人材育成を推進し、専門的な教育、並びに資格取得に向けて研修の機会に計画的に参加させる。
昇進昇格、人事考課等に関する事項
勤務態度、業績評価、資格取得の結果等により、達成度を公平に評価し、本人の貢献度を見極め、昇給・昇格等を決定する。
職務に必要な職業能力に関する事項(職能要件等)
各職務に対応した基本的任務、遂行業務の範囲、職務遂行能力等について明文化している。
1.管理職
・監理技術者
建設工事における専門的な知識を持ち、受注工事の総括的監理ができ各現場の進捗状況を常に把握し、元請との工事全般の折衝を行う能力を有する。
・主任技術者
建設物の質的向上と作業場の労働災害の防止を意識し、元請との作業工程の折衝を行い、計画性を持って作業を支障なく進行させる能力を有する。
2.中堅技術員
作業に係る基本的な知識・資格を持ち、作業手順に従って作業をする能力を有する。
3.若手技術員
担当分野に係る基本的な知識を持ち、指示された手順に従って作業する能力を有する。
作成時のポイント
人材育成は、計画を立案してから成果を得るまでに10年単位の時間がかかるものかと推測され、
事業内職業能力開発計画は、人材育成の中長期計画と捉えて作成しました。
その他
今後、規模を弁解材料にせずに創意工夫で育つ組織を作り、育てる仕組みを考えていきたい。
資料
・教育訓練体系図 小貫建設
・小貫建設事業内開発計画

ページトップ

中央職業能力開発協会
■キャリア形成支援でお悩みの方
事業内職業能力開発計画
職業能力開発推進者選任
講習・サークル・イベント情報
能力評価制度の構築
キャリアコンサルティングの導入・活用
キャリア診断サービス
 ・キャリア診断サービス実施後アンケート
キャリア支援に係る自社評価シート
■助成金の申請をお考えの方
人材開発支援助成金
企業内人材育成推進助成金
事業内職業能力開発計画
職業能力開発推進者の選任
中小企業の範囲
助成金活用事例
■キャリア形成取組事例
人材育成事例
事業内職業能力開発計画事例
■サービスセンター所在地一覧
■都道府県講習会・サークル・イベント情報
■メールマガジン「きゃりあ道」
■サービスセンター利用アンケート
■Q&A
■サイトマップ
■お問合せ
Copyright © 2015 Japan Vocational Ability Development Association. All rights reserved.