厚生労働省委託事業 キャリア形成支援サイト
Q&A | サイトマップ | トップページ
パンフレット一覧 お問合せ

人材育成事例

キャリア形成取組事例
人材育成事例
S社
住み慣れた自宅で安心して過ごしたいあなたを応援します。
企業概要
情報掲載年度 2018年度
情報掲載日 2018/02/09
都道府県 秋田県
資本金 1000万円未満
従業員数 50人未満
産業分類 医療・福祉
事業概要
平成27年10月 居宅介護支援事業所開設
以後現在に至る。
キャリア形成支援に関する理念、方針
・高齢者や障害を持っている人など介護が必要となった場合、住み慣れた自宅で自立した日常生活を営むことが出来るよう、支援することを基本方針とします。
・高齢者福祉・地域福祉に参画するとともに、利用者一人ひとりが安心して、ごく普通の当たり前の生活を送れるように支援します。地域社会とのコミュニケーションを通じて、広く質の高い介護サービスを提供します。
・職員のキャリア形成を充実し、より高い知識を習得することにより、利用者が安心して生活ができる支援体制ができます。
具体的な取組み
・利用者が安心できる職員の基礎知識を習得する(社会一般常識を含む)。
・利用者の要望を確実に対応できる応用知識を習得する。
・管理者は職員の日頃の態度・応対に気を配り、職員間あるいは利用者との間で抱えている問題点などを早期に発見し、適切な処置を講ずることが出来るよう教育を行う。
・職員が働きやすい職場となるよう、労使双方がお互いに切磋琢磨する意見交換の場を設ける。
今後の課題
今後、益々急速に進む超少子高齢化社会に、どのように対応していくかを真剣に考える時期に来ていると思います。「超少子高齢化」時代を乗り切っていくため、職員一人ひとりのさらなるキャリア形成が、今後の重要課題となります。そのためには、働き易い職場環境の形成、働き方の見直しの必要性等、確実に行っていくことが、これからの時代に必要不可欠です。さらに職員の教育、能力開発を行うことが職員のレベルアップにもつながり、ひいては会社と社会の発展にもつながっていくものと思います。

ページトップ

中央職業能力開発協会
■キャリア形成支援でお悩みの方
事業内職業能力開発計画
職業能力開発推進者選任
講習・サークル・イベント情報
能力評価制度の構築
キャリアコンサルティングの導入・活用
キャリア診断サービス
 ・キャリア診断サービス実施後アンケート
キャリア支援に係る自社評価シート
■助成金の申請をお考えの方
人材開発支援助成金
企業内人材育成推進助成金
事業内職業能力開発計画
職業能力開発推進者の選任
中小企業の範囲
助成金活用事例
■キャリア形成取組事例
人材育成事例
事業内職業能力開発計画事例
推進者取組事例
■サービスセンター所在地一覧
■都道府県講習会・サークル・イベント情報
■メールマガジン「きゃりあ道」
■サービスセンター利用アンケート
■Q&A
■サイトマップ
■お問合せ
Copyright © 2015 Japan Vocational Ability Development Association. All rights reserved.