厚生労働省委託事業 キャリア形成支援サイト
Q&A | サイトマップ | トップページ
パンフレット一覧 お問合せ

人材育成事例

キャリア形成取組事例
人材育成事例
K株式会社
会社全体で取り組む計画的な人材育成について
企業概要
情報掲載年度 2016年度
情報掲載日 2017/10/05
都道府県 茨城県
資本金 1000万円以上〜5000万円未満
従業員数 50人未満
産業分類 製造業
事業概要
一般機械器具製造業

ステンレス・アルミ・難切削材等の精密レーザー切断及び機械加工
多品種少中量生産部品の製缶・溶接・機械加工
省力化機器・自動化システムの設計・製作
キャリア形成支援に関する理念、方針
【経営理念】
顧客の立場に立った優れた製品を提供することにより.広く社会に貢献すること
【人材育成方針】
社長が中心となり、工種の特性に応じた教育を計画する。
特殊な資格を必要とする技能者の教育に関しては、専門教育機関等を活用し、職種、作業に応じた技術、技能の資格認定を取得するよう努め、これに必要な講習会に積極的に参加させる。
【雇用管理方針】
所属部署の主任を主体として実務教育を実施、経験に基づき従事する職種・工程に必要なスキルアップを推奨する。また、スキルアップの成果があった場合、昇給時期の判定基準に考慮される。職種・工程に関係のあるスキルアップの費用は、会社が全額負担し研修や資格取得試験へのぞむものとする。また、指名された社員はこれを習得する努力をする。
具体的な取組み
(1)職制表の書き出し     
組織図に責任者名を記載し、責任を明確化させる
(2)職務要件・職務評価基準の作成     
職制に必要な要件を書き出し、評価基準を明確にする
(3)教育訓練体系図の作成    
計画的な教育訓練の実施を目的とした体系図の作成
(4)新入社員教育の定型化     
新入社員教育のカリキュラムを定型化し、均質な教育を実施する
今後の課題
2016年度においてキャリア形成促進助成金の活用を前提に計画し、CADオペレーターの育成において、同助成金を申請した。今後は人材育成方針、体系図に沿った定期的な運用を目指すとともに、各グループにおける積極的な人材育成を心掛けたい。
その他
就業規則に「セルフキャリアドック制度」の創設
資料
・事業内職業能力開発計画

ページトップ

中央職業能力開発協会
■キャリア形成支援でお悩みの方
事業内職業能力開発計画
職業能力開発推進者選任
講習・サークル・イベント情報
能力評価制度の構築
キャリアコンサルティングの導入・活用
キャリア診断サービス
 ・キャリア診断サービス実施後アンケート
キャリア支援に係る自社評価シート
■助成金の申請をお考えの方
人材開発支援助成金
企業内人材育成推進助成金
事業内職業能力開発計画
職業能力開発推進者の選任
中小企業の範囲
助成金活用事例
■キャリア形成取組事例
人材育成事例
事業内職業能力開発計画事例
■サービスセンター所在地一覧
■都道府県講習会・サークル・イベント情報
■メールマガジン「きゃりあ道」
■サービスセンター利用アンケート
■Q&A
■サイトマップ
■お問合せ
Copyright © 2015 Japan Vocational Ability Development Association. All rights reserved.